2007年10月22日

GOTHIKA

2003年(米)  上映:1h38
監督: マチュー・カソヴィッツ
脚本: セバスチャン・グティエレス
出演: ハル・ベリー/ロバート・ダウニー・Jr/ペネロペ・クルス/チャールズ・S・ダットン/ジョン・キャロル・リンチ/バーナード・ヒル/ドリアン・ヘアウッド/他

優秀な犯罪心理学者のミランダ・グレイは、夫ダグラスが監督しているウッドワード女子刑務所の精神病棟で働いていた。患者の中には殺人犯クロエのように、事実とも作り話とも判断つかない恐ろしい拷問や暴力を告白し、彼女を混乱させる危険な女性もいた。しかし、順調で満ち足りた生活だった。あの雨の夜までは。ある夜、ミランダは帰宅途中に奇妙な少女と遭遇、そのまま記憶をなくしてしまう。やがて、ベッドの上で意識を取り戻した彼女は、夫が惨殺され、自分がその容疑者となり、それまで働いていた精神病棟に収容されていることを知る。ミランダは元同僚の医師ピート・グレアムに自分は正気で、夫を殺してなどいないと懸命に訴えるのだったが取り合って貰えない。混乱するミランダの脳裏に、雨の中で見た少女の姿が浮かぶ。それは、ミランダを地獄のような苦痛に引きずりこんでいく・・・。


幽霊復讐もの・・・ちょっと怖いかな・・


posted by たかさん at 23:08 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 評価 | この記事へのリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。