2007年11月12日

サンダーバード


作品情報 - サンダーバード

* ジャンル : SF
* 製作年 : 2004年
* 製作国 : アメリカ
* 配給 : UIP映画
監督

* ジョナサン・フレイクス

出演

* ビル・パクストン
* ソフィア・マイルズ
* ベン・キングスレー
* フィリップ・ウィンチェスター
* レックス・シャープネル
* ドミニク・コレソン
* ベン・トージャーセン


あらすじ
絶海の孤島トレーシー・アイランド。元宇宙飛行士のジェフ・トレイシーと息子たちは、この島を拠点に、最新鋭メカ“サンダーバード号”による災害救助活動に励んでいる。兄弟の末っ子アランはまだ学生だが、正式に隊員となって活躍する日を夢見ていた。そんな彼らにかつてないピンチが訪れる。過去の災害で救出されなかったことを逆恨みするフッド一味が、サンダーバード5号をミサイル攻撃。隊員たちが救助に向かった隙にトレーシー・アイランドを乗っ取ってしまった。地球の命運は、島に残っていたアランに託された!

おなじみのカウントダウンと勇壮なテーマソングに乗って、特撮マリオネーションの名作「サンダーバード」が帰ってきた。国際救助隊トレーシー・ボーイズの活躍を、最新のVFXを駆使して実写化。往年のファンも新しい世代も楽しめるSF大作が誕生した。世界を股にかけるスケールや、60年代のレトロフューチャー的世界観はオリジナルそのまま。サンダーバード1号から5号のダイナミックな出動シーンはファンも興奮の見どころだ。


昔見た人形のサンダーバードもおもしろかったな・・・


posted by たかさん at 19:47 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 評価 | この記事へのリンク

2007年10月29日

バタフライ・エフェクト

監督

* エリック・ブレス&マッキー・J・グラバー

出演

* アシュトン・カッチャー
* エイミー・スマート
* ウィリアム・リー・スコット
* エルデン・ヘンソン
* メローラ・ウォルターズ
* エリック・ストルツ

製作年 : 2003年
製作国 : アメリカ
配給 : アートポート
2005年5月14日公開


幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。13歳の頃、エヴァンは幼なじみのケイリーたちと悪戯をして大事故をひき起こすが、その瞬間も彼の記憶は空白だった。やがてエヴァンは引っ越すことになり、虐待傾向のある父と乱暴な兄トミーと暮らすケイリーに、「迎えにくる」と伝え残す。時が経ち、大学生となったエヴァンは、記憶を失うこともなくなっていた。しかし、昔の日記を見つけた時から、エヴァンの意識に変化が起きる。

「バタフライ・エフェクト」とは、「小さな蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる」という、わずかな違いが後に大きな結果の差を生む理論。誰しも、「もしもあの時、こうしていれば」という、未知の運命に思いをはせることがあるだろうが、この物語は、その心理に訴える、意外性のあるサスペンスだ。主人公エヴァンは、失われた記憶の中に意識を戻し、愛する幼なじみの人生を救うため過去を変えようとするが、その先には、切ない結末が待っている。

大学生となったエヴァンを演じるのは、モデルから俳優へと転進したアシュトン・カッチャー。脚本を読んで、そのスリリングな展開に魅了されたというカッチャーだが、これまで得意とされてきたコメディ路線から脱し、シリアスな演技を見せているほか、製作総指揮としても参加している。

バタフライ・エフェクト - goo 映画から抜粋



過去の記憶を変えることによって未来が変る・・私も過去を変えたいな・・・
posted by たかさん at 18:47 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 評価 | この記事へのリンク

2007年10月26日

スターゲイト:アトランティス シーズン1

大人気SFドラマ「スターゲイト SG-1」のスピンオフ作品。


シーズン1 全20話


 「SG-1」で語られたエピソードを元に幻の大陸へ向かった探査チームと新たな敵の死闘が始まる!!


 全20話を三日間で観た。


 ウィアー博士は、カッコイイですね。


いいところで、20話が終っている。 早く、続きを・・


 


スターゲイト:アトランティスを観る前に、 スターゲイト SG-1を観ておいた方がいいです。

posted by たかさん at 15:28 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 評価 | この記事へのリンク

2007年10月23日

イーオン・フラックス

監督 カリン・クサマ
出演 シャーリーズ・セロン マートン・ソーカス
ジョニー・リー・ミラー
ソフィー・オコネドー フランシス・マクドーマンド

2015年、ウィルスが発生。人類は絶滅の危機に陥り、98%が死滅。ワクチンでなんとか生きながらえた人類は、開発者トレバーの一族によって成り立つ政府の下、生活してきた。2415年、君主トレバー8世への暗殺指令が下る。圧政を憎む反政府組織“モニカン”が暗殺者として選んだのは美しき女革命戦士イーオン。要塞に乗り込んだ彼女は、ついにトレバーに銃を突きつけるが、イーオンを見たトレバーは彼女を別の名で呼ぶ。混乱するイーオンは、さらに想像を超えた驚愕の事実を知る。

イーオン・フラックス - goo 映画


シャーリーズ・セロン・・・きれいな人だ
posted by たかさん at 17:06 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 評価 | この記事へのリンク

2007年10月22日

GOTHIKA

2003年(米)  上映:1h38
監督: マチュー・カソヴィッツ
脚本: セバスチャン・グティエレス
出演: ハル・ベリー/ロバート・ダウニー・Jr/ペネロペ・クルス/チャールズ・S・ダットン/ジョン・キャロル・リンチ/バーナード・ヒル/ドリアン・ヘアウッド/他

優秀な犯罪心理学者のミランダ・グレイは、夫ダグラスが監督しているウッドワード女子刑務所の精神病棟で働いていた。患者の中には殺人犯クロエのように、事実とも作り話とも判断つかない恐ろしい拷問や暴力を告白し、彼女を混乱させる危険な女性もいた。しかし、順調で満ち足りた生活だった。あの雨の夜までは。ある夜、ミランダは帰宅途中に奇妙な少女と遭遇、そのまま記憶をなくしてしまう。やがて、ベッドの上で意識を取り戻した彼女は、夫が惨殺され、自分がその容疑者となり、それまで働いていた精神病棟に収容されていることを知る。ミランダは元同僚の医師ピート・グレアムに自分は正気で、夫を殺してなどいないと懸命に訴えるのだったが取り合って貰えない。混乱するミランダの脳裏に、雨の中で見た少女の姿が浮かぶ。それは、ミランダを地獄のような苦痛に引きずりこんでいく・・・。


幽霊復讐もの・・・ちょっと怖いかな・・
posted by たかさん at 23:08 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 評価 | この記事へのリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。