2008年08月09日

バイオ・スケアード 悪魔の遺伝子

バイオ・スケアード・・・・<goo 映画
>

「TATARI」などで知られるウィリアム・マローンが監督・脚本・特撮を手がけた傑作SFホラー。


# 製作: 1980年 米
# 監督: ウィリアム・マローン
# 出演: ジョン・スティンソン / ダイアナ・デヴィッドソン / ウォルター・エドミストン
# 発売日: 2001年5月25日 発売
# 価格: 4935円(税込)
# 発売元: クリエイティブアクザ
# 販売元: ジェネオンエンタテインメント株式会社
# 品番: PIBF-7160
# 収録時間: 97分
# 画面サイズ: 4:3
# 色: カラー
# 字幕: 日本語字幕
# 音声: 英語:DD(モノラル)


古い映画でした・・・一度、見ただけでは、良くわからない。

暇なときに再度、見てみたいと思います

[PR]お金の小冊子 無料プレゼント!



posted by たかさん at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | 評価 | この記事へのリンク

2008年08月02日

ハプニング

ハプニング - goo 映画


ある日突然、アメリカ全土からミツバチが姿を消したのを皮切りに、街で人が次々と倒れていく異常現象が始まる。連絡も取れなくなり、情報はだんだん少なくなっていく。原因も分からないまま世界はパニック状態に陥り、“何か”に人々は追い詰められていく…。
[ 2008年7月26日公開 ]


* ジャンル : スリラー/サスペンス
* 製作年 : 2008年
* 製作国 : アメリカ
* 配給 : 20世紀フォックス映画
* 監督 : M・ナイト・シャマラン
* 出演 : マーク・ウォールバーグ 、 ズーイー・デシャネル 、 ジョン・レグイザモ 、 スペンサー・ブレスリン 、 ベティ・バックリー 、 ヴィクトリア・クラーク 、 フランク・コリソン


モデルハウスぐらいまでかな、良かったのは。
後半は、がっかり・・・
posted by たかさん at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 評価 | この記事へのリンク

2008年07月30日

赤ずきんの森

狼さんのごちそうは私たち…。ソニー・ビーンという人食いがいたとされる森にハイキングにでかけた少女たちに、凶暴な野獣が襲いかかる! 暗く広大な森で少女たちが体験する怪奇と幻想を描くスリラーです。俊敏な野獣を相手に、頼れる明かりは懐中電灯のみという圧倒的に不利な状態をどう切り抜けるのか…!?
16歳のケリー(サマンサ・カパルディ)は、ボーイフレンドとの子を妊娠し出産するが、子供は養子縁組にだされてしまった。6週間後ケリーは、気晴らしのために友だちと森にでかけることに。ケリーはそこで赤ん坊の泣き声を聞き、それを頼りに洞窟にはいる。そこでケリーは血まみれになって殺害されている村人を発見し…。


監督・脚本:クレイグ・スタチチェン
出演:マーティン・コムストン、ピーター・キャパルディ、サマンサ・カパルディ、ケヴィン・クイン、ニコラ・ムルドーン
2005年 / イギリス

Gyaoで見ました。内容は、たいしたことないですが、主人公が最後にオオカミに変身するのは、想定していなかったな・・・
食われるかと思っていました。



[PR]
段ボール
posted by たかさん at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 評価 | この記事へのリンク

2008年07月26日

エラゴン 遺志を継ぐ者

エラゴン 遺志を継ぐ者 - goo 映画




17歳のエラゴンは、ある日、森で不思議な光を放つ青い石を見つける。その石こそが帝国アラゲイジアの命運を握る、ドラゴンの卵だった…!卵から孵ったメスのドラゴン、サフィラを密かに育て始めたエラゴンは、自分がかつて国を守っていた誇り高き種族・ドラゴンライダーに選ばれた事を知る。暴君ガルバトリックス王に立ち向かうため、村の語り部ブロムと旅に出たエラゴンは数々の危機を乗り越え、サフィラとの絆を深めていく。
[ 2006年12月16日公開 ]


* ジャンル : SF/ファンタジー
* 製作年 : 2006年
* 製作国 : アメリカ
* 配給 : 20世紀フォックス映画

* 監督 : シュテフェン・ファンマイアー
* 原作 : クリストファー・パオリーニ
* 出演 : エド・スペリーアス 、 ジェレミー・アイアンズ 、 ジョン・マルコヴィッチ 、 ロバート・カーライル
* 声の出演 : レイチェル・ワイズ



[PR]
続きを読む
posted by たかさん at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 評価 | この記事へのリンク

2008年07月21日

ワン・ミス・コール・・・見るのは、今回だけかな・・・

ワン・ミス・コール - goo 映画


心理学専攻の女子大生ベス・レイモンドは、数日のあいだに二人の友人の怪死を目撃する。一方、妹の変死をきっかけにその謎を探るジャック・アンドリュース刑事は、やがてベスと出会う。死んだ彼らに共通した事実、それは、死の数日前に携帯電話に着信を受け、留守電に残された自らの断末魔を聞いていたことだ。そして同じ叫び声をあげて死んでいった。やっと手がかりをつかんだ彼らだが、まもなくベス自身が“死の予告=呪いの着信”を受けてしまう…。
[ 2008年7月19日公開 ]


「着信あり」「着信あり2」を見た後にこの映画を見るとイマイチかな・・・
映画を見ながらつい比較してしまった。

「着信あり」「着信あり2」の方が良かったと思う


posted by たかさん at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 評価 | この記事へのリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。